post by 小判ねこ | | Closed

「公立と私立」

最近、中学受験と言っても公立中高一貫校を受験する人が増えているようですね。

中学受験の費用の中では進学塾にかかる費用が最も多いと言われています。

塾にかかる費用は公立中高一貫校と私立中学に関しては、さほど変わらないようですが、 公立中高一貫校受験よりも私立中学を受験する方が早くから塾に通っている傾向にあるので、 トータル的には私立中学校を受験する方が塾の費用が高額になると言えるのではないでしょうか。

塾だけではなく実際の試験や入学に関しても、 やはり私立中学校の方がかかる費用が大きいのです。

最近の公立中高一貫校人気はそういうところからも来ているのかもしれませんね。

さて、今回は旺文社のパスナビのホームページで中学受験の情報を調べてみました。 パスナビのホームページでは、中学受験の参考書の紹介や入試情報など、 中学受験の様々な情報が載せられています。

その中で、公立中高一貫校と私立中学の費用について書かれたものがあります。

やはり、双方の学習費にはかなりの差があるようです。

授業料に関しては、公立の方は義務教育と言う事で全くかからないので比べ物にはならないのですが、それ以外も随分と違うようです。 特に、入学初年度の学習費総額は、私立が公立の3倍以上の費用となっています。

パスナビに載っている数字は文部科学省平成22年調べのものですが、 1年目の学校教育費が公立の場合184,672円、私立の場合1,283,394円と桁が違います。 塾など学校外活動費は、公立236,052円、私立254,170円と大差ないのですが、 学習費総額では、公立456,379円、私立1,547,481円となっています。

 

post by 小判ねこ | | Closed

「中学受験・塾の費用」

先月から中学受験が始まり、ネットニュースで中学受験の費用についてよく話題になっています。

中学受験の費用と言えば、一番かかるのがやはり塾の費用でしょう。

前回、見えないお金も色々とかかるというお話をしましたが、 実際にはそういった費用は中学受験しなくてもかかるかもしれない物なのです。 例えば、入試を控えているからインフルエンザの予防接種をしたからと言って、 直接の費用とは言えないでしょう。

しかし、塾にかかる費用は別です。

中学受験のためには4年生から専門の塾に通うという人が多いのですが、 3年間の塾代は200万円を超えるところが多いそうです。

確かに、中学受験しなくても塾に通うという人もいるでしょうが、 その場合月謝が全く違います。

塾や家庭教師を利用する時にもコースがあり、 その金額は大きな差があるのです。

前に「Yahoo!」の教育ニュースに、中学受験専門の大手進学塾の費用について載っていたのでご紹介します。

多くの人が塾に通い始める小4、つまり小3の2月から3年間の金額です。

内容は、授業料、教材費、定例テスト代、模試代、学校別対策講座や夏期・冬期・春期講習などの総額です。 (これは、中学受験カウンセラーの石田達人氏がそれぞれの塾の資料をもとに取材などもし、算出した物です。) 日能研は4年生が45万円、5年生が65万円、6年生は105万円で、3年間で215万円との事です。 これは、あくまでも塾の費用のみの金額です。

6年生のその他の塾を見てみると、 SAPIX、早稲田アカデミーは約120万円、四谷大塚は日能研と同じで105万円となっています。

 

post by 小判ねこ | | Closed

「中学受験の気が付かない費用」

明けましておめでとうございます。 今月、来月はいよいよ入試が始まりますね。 中学受験では、この入試の費用も馬鹿にならないというお話を前回したと思うのですが、 受験料1校あたり2~3万円かかるそうです。

3校受けても10万仕事です。 交通費を計算するとしても、子どもだけでなく、 保護者もついて行くでしょうからその費用も必要です。

中学受験では、進学塾のお金や入試の費用や入学金や学費など、 大きなお金については、それぞれある程度考えている事だと思うのですが、

実は、細かいお金が色々と必要になるのです。

そのお金の一つがこういった付き添うための親にかかる費用です。

中学受験は、高校受験や大学受験と違って親がかりです。 そのために、親が動くために必要な費用も計算に入れなければならないのです。

中学受験の費用ではありませんが、子どもが中学受験をする事であきらかに動くお金なのです。

入試についてもそうなのですが、進学塾に子どもが通う場合、 近くなら問題ないのですが、どうやって通うのでしょう。

電車やバスで通えるなら良いのですが、 行きはじぶんで行っても、帰りは保護者が車で迎えに行くという人も多いのです。

中には、他の習い事もあり、小学校の前でお母さんが車で待機し、 学校の授業が終わったら車で習い事に直行し、習い事が終わって塾に行き、塾が終われば連れて帰る、 これを全てお母さんがやっているというお宅もあります。

お母さんが大変なのはもちろんの事ですが、ガソリン代も馬鹿にならないのです。 あるお宅では、どうしてこんなにガソリン代がかかっているのか何ヶ月も気づかなかったそうです。 気づかないお金、たくさんあるのです。

 

 

post by 小判ねこ | | Closed

「進学塾プラス家庭教師にすると?」

中学受験の費用では進学塾の費用が最も大きいと言われていますが、 家庭教師をどう利用するかによってもその違いは大きくなっています。

中学受験に成功するためには、進学塾で成績を上げる事が効果的と言われていますが、 そのために家庭教師を利用する人も少なくないのです。

その家庭教師をいつ利用するかによっても、費用が変わって来るのです。

初めからずっと家庭教師を利用する人は別として、 ポイントで家庭教師や個別指導塾を利用するという人も多いです。

例えば、中学受験が迫った入試直前の何週間か、 これは当然時間あたりの授業料は高くなってきます。

反対に入塾前に、入塾テストで良い成績を出せるように家庭教師をつける、 その後も、テストのフォローをしてもらうという場合もあります。

 

塾と家庭教師を併用する場合はいつ使うかは、 中学受験の学習効果だけでなく、費用にも関係しますので、 よく考えなければならないでしょう。

また、塾に通っても通わなくても、模試の費用は必要です。

模試は、1回3000円から5000円で、6年生では年に6回くらい受けているようです。 多くの人は、回数は少ないですが、4年生、5年生から模試を受けているようです。

また、本番や入試の費用も考えておかなければなりません。

もちろん本命の受験料については考えているとは思いますが、 大抵1校だけ受験という事はありません。

併願校を含め3校という場合が多く、最近の中学受験では5〜6校受験する人も増えているそうです。

 

 

post by 小判ねこ | | Closed

「進学塾の費用の計算」

前回中学受験の費用で最も考えないといけないのが進学塾の費用であるという事をお話ししました。

中学受験で進学塾を利用するという事はもはや必須のようになっていますが、使い方によって得もし、損をする事にもなるのです。

進学塾の費用も大手なのか個人経営の塾なのかによっても違いますが、教科によっても違います。

つまり2教科コースなのか4教科コースなのかという事です。

中学受験の場合、首都圏では、2教科と4教科という場合が多いのですが、 関西では、理系が中心になるので、4教科ではなく、3教科という事も多いのです。

3教科というのは、国語、算数、理科です。 そのため、進学塾でも、社会がオプションのようになっているところも多いのです。

進学塾では、受験科目は4つなのだけど、 1教科だけ受講するという事はできないようになっている場合が多いです。

それは、中学受験ではトータルで合格点をとる必要があるからです。

そのため、算数だけ別にコースがある場合は、 一般的な3科目、4科目のコースは受講してプラスαという事なのです。

そのため、費用を考える時もその事を前提に考えるべきなのです。

また、中学受験対象の進学塾では、3年生4年生の時には国語・算数の2科目、5年生になれば4科目と、科目が増える場合が多いです。

そうなると、学年が上がれば当然費用もかかるようになる事を知っておかなければならないのです。

進学塾でかかってくるのは当然授業料だけではありません。 特別講習の費用や模試の費用、まずは全てはかかるものを書き出してみる事が良いのではないでしょうか。

 

 

post by 小判ねこ | | Closed

「中学受験の塾選び」

いつのまにか10月になりました。 来年の春からは、中学受験のために進学塾へ通わせようと考えている方も多いと思います。

前回は中学受験全般で、どれくらいの費用がかかるかについてお話ししましたが、今回は、具体的にどんな費用がかかるのかについてお話ししたいと思います。

まずは、一番大きいのは、進学塾の費用です。

進学塾に通い始めるのは、小学4年生から5年生が多いようです。 6年生の春からでは、遅過ぎると言われています。

進学塾には、4年生や5年生から通わせるとしても、 それまでも、通信教育などで中学受験の準備をしている人は少なくありません。

また、中学受験関係なしに学習塾に通わせるという場合も考えられます。 同じ塾でも、中学受験の合格実績を持つ大手進学塾と、 一般の学習塾では、かかる費用も全然違います。

ただ、受験するなら、当然合格しなければなりません。 そのためには、大手進学塾に始めから、通う方が無難でしょう。 一般の学習塾に通っておいて6年生から進学塾というのは、 その費用が無駄になってしまう事もあるのです。

進学塾の月謝は受験教科によっても違いますし、 教科の数によっても違いますが、 受験したい学校によって変わってくるので、 志望校もある程度絞っておかなければなりません。 そう言った意味でも、早めの対策が必要なのです。

進学塾では、勉強だけでなく、当然志望校決めや併願校についても相談に乗ってもらえます。

我が子にあった学校を選ぶ事が、一番ですから・・・。

 

post by 小判ねこ | | Closed

「中学受験の費用はいくら?」

中学受験を考えているなら、勉強の事だけではなく、当然費用の事も頭にいれておかなければなりません。

中学受験の費用と一口に言っても様々です。

後になって、予定外の出費に気づいてしまって、
中学受験をやめさせなければならないような事がないように、しっかりと計画を立てておかなければならないのです。

さて、では具体的に中学受験にかかる費用にはどのようなものがあるのでしょうか。

まずは、入学にかかる費用があります。

これは、学校によって様々です。
国立や公立なら授業料はかからないわけですし、
入学にかかる費用も、一般の中学校に入学するのと同じくらいと考えておけばよいでしょう。

入試までの費用としてかかるもの、これは、私立であろうが公立であろうが変わりません。
ただ、中身は、個人個人で異なるので、やり方によってはそこまでお金もかからないかもしれません。

では、一般的に入試までにかかる、中学受験に費用としては、どのようなものがあるのでしょうか。

中学受験をする人のほとんどが通う塾、これにまず大きなお金がかかります。

家庭教師を選ぶという方もいますし、塾+家庭教師という家もあります。

また、何年生から通わせるかという事でも違ってきます。

その中身は塾ごとに違うので何とも言えませんが、
普段の月謝以外にも、夏期講習や講座などの参加費も必要になる場合も多いようです。
初めにしっかりと計算しておかなければならないでしょう。

塾以外には、教材費、模試代、受験料があり、4年生から塾に通わせるとすると、3年間で200万円は超えるそうです。

 

post by 小判ねこ | | Closed

「教育資金どうする?」

中学受験には、相当の費用がかかります。 塾の費用や家庭教師の費用だけ考えてもものすごい金額です。

それ以外にも、中学受験という事になれば、模試も受けなくてはなりませんから、その費用も必要です。

そして何より合格した際には、入学金や授業料と、ものすごい費用がかかるわけです。

中学は義務教育で、公立中学に進むならお金はそこまでかかりません。 一応、公立中学に関しては「無償」という事になっていますから・・

それに引き換え中学受験するという事は、 私立に行くという事が前提の人が多いのではないでしょうか。

入試検定料に始まり、入学金、授業料、設備費、教科書代と、 様々なお金が必要になるのです。

最近では、中学受験と言っても、私立だけでなく、 公立の中高一貫校も増えてきましたが、 それでも、中学受験する人のほとんどは、 塾や家庭教師を利用しているのです。

しかも、教育費というのはこれで終わりではありません。 高校受験大学受験と続くわけなのです。

さて、そこで気になるのが学資保険です。

中学高校はともかく、大学進学の時にはどうしてもまとまったお金が必要でしょう。

塾の月謝を払いつつ、学資保険は考えておきたいものです。

学資保険は、子どもの教育資金確保を目的とした貯蓄性の高い生命保険です。

医療保障や育英年金などがつく事で、返戻率が100%を割り込む事もあるのですが、 契約期間中に契約者(親)が死亡(重度障害)の時は、 それ以降の保険料の支払いは免除され、かつ、満期保険金が全額受け取れるシステムになっています。

 

post by 小判ねこ | | Closed

夏期講習の費用

中学受験の費用は、塾の費用だけでも大変ですね。

もうすぐ夏休み、夏期講習も始まります。
普段塾に通っていなくても、中学受験を夏期講習と模試くらいは受けておきたいですね。

とはいえ、夏期講習の費用も中学受験の近づいた6年生ともなると10万円仕事です。

希学園の夏期講習の費用について、調べてみました。
希学園の夏期講習は、7月22日(月)~8月24日(土) の間です。

P学習システムとC学習システムは、
国語、算数(A)、理科の3科目が講義+復習テスト+学習サポートルーム180分×各4回と、
算数(B)は、講義+チェックテスト+学習サポートルーム180分×4回で、この費用は税込65,100円です。

子どもたちが宿題に取り組む時間は、カリキュラムに組み込まれています。
授業で習った記憶が新しいうちに自力で問題に取り組むことで、その日のうちに理解をより確かなものにするためです。

また、講師が質問受けを行い、それぞれの取り組みに対して適切なアドバイスをしてサポートします。
講義終了後のこういうシステムが学習サポートルームです。
テキストの費用は別にかかり、6,720円です。

L学習システムは、国語、算数、理科の3科目、
講義+復習テスト+学習サポートルーム180分×各4回で50,400円です。
テキストは5,040円です。

社会は、全学習システムが同じで選択になっていますが、
講義+復習テスト+演習が180分×4回で14,700円、テキストが1,680円です。

中学受験を考えているなら、最高レベル演習などの費用、
また、公開テストの費用も1回につき4200円必要です。

中学受験はお金がかかるのです。

post by 小判ねこ | | Closed

親の覚悟

子どもを中学受験させると決めたらある程度覚悟が必要です。

経済的な面もそうですし、親自身も、中学受験のために様々な事を頑張らないといけないのです。

例えば子どもが塾に通うとしましょう。
送り迎えは、誰がするのですか。

進学塾に通わせるとなれば、当然遅い時間です
子ども一人で通わせるわけには行かないでしょう。

また、子どもが進学塾に通う時の夕飯はどうすれば良いでしょうか。

時間の都合でお弁当を持たさないといけない場合もあるそうです。

小学校は、給食なので、お昼は良いのですが、
学校から直接塾に通う子が多いのでそのためのお弁当です。

ある友人は、中学受験の子どもに付き合う必要があるので、
合間を見て昼寝ができる時は、するのだと言っていました。
友人は、仕事を持っていて、子どもの塾の送り迎え、お弁当作り、本当に大変だったようです。

その上親がしなければならないのは、勉強に関しても関わらなければなりません。
塾に通わせているので、子どもに勉強を教えるわけではありませんが、
塾でもらってくるプリントの管理、
それのファイリングや子どものスケジュール管理などが大変だったようです。
その上、中学受験にかかる費用は相当なものです。

もちろん中学に行くだけでも私立なら相当の費用がかかります。
そのための塾の費用、中学受験では進学塾に通うのは、ほぼ当たり前と言っても良いでしょう。

また、塾の費用と言うのは、入会金や月謝だけではありません。

教材費や夏期講習などの費用も必要になってくるのです。
夏期講習は行きませんというわけには行かないのです。

とにかく、親も覚悟が必要なのです。